食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

ディプロマ・ポリシー

 人間発達学専攻は、心理・発達のメカニズムの解明や発達の支援のための優れた実践力を備え、また、生徒指導や教育方法・教育課程開発に関し高度な知見と見識を備え、それぞれの分野で活躍できる高度な専門的職業人の養成を目指す。従って、本専攻では次の能力を身に付け、かつ学則及び学位規程に定める修了要件を充たした者に修了を認定し、学位を授与する。
心理・発達のメカニズムについての清深な学識と発達支援の実践的力量
生徒指導・生活指導や教育方法・教育課程開発に関し高度な知見と見識
発達支援や教育上の諸課題の解明のための専門性や研究能力
本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

アドミッション・ポリシー

子どもの心理面での健全な成長・発達及びその支援に強い関心を持っている人
子供の心理・発達の研究を通して、幼児の健全な成長の支援に熱意のある人
教育の理論的研究と実践的研究を通して、教育現場でリーダー的な役割を担う教育者への熱意のある人

カリキュラム・ポリシー

 本大学院は、研究科・専攻毎に定める教育目標及び人材養成の目的達成のため、各専門分野毎の清深な専門的学識修得のための科目、高度な専門職として必要な実践的技能や応用的能力修得のための科目、課題の解決へ向けた研究遂行能力を涵養するための科目により教育課程を編成している。

人間発達学専攻では、教育目標及び人材養成の目的達成のため、分野毎に以下のような教育課程を編成している。

[発達支援分野]
研究法や基礎理論、発達に関する幅広い知識や課題に関する専門基礎科目
支援の方法に関する発達支援特論や認知心理学特論等の専門科目
専門基礎科目や専門科目で学んだことを統合し、自らの課題意識に即して研究を遂行する能力の育成を目的とした特別研究と修士論文
[学校・教育課程開発分野]
教育の基礎理論や教育に関する幅広い知識や課題に関する専門基礎科目
学校現場が抱える複雑化・多様化している課題を踏まえ、教育臨床研究や生徒指導・生活指導に関する科目や教育課程・方法の研究に関する専門科目
専門基礎科目や専門科目で学んだことを統合し、自らの課題意識に即して研究を遂行する能力の育成を目的とした特別研究と修士論文又は特定課題研究
本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

人間発達学研究科 人間発達学専攻のご案内

 人間発達学研究科,子どもの健全な成長に関心がある人のために,教育学や心理学の研究と学習を行うことを目的としています。これまでの修士号学位取得者には,地域の小学校教諭もおられます。このように本学は社会の要請にこたえようとしてきました。
 本学の生活科学部児童学科は、昭和56 年の学科設置以来幼稚園教諭と小学校教諭の養成、そして平成15 年からは保育士の養成にも取り組み、教育力の向上と子育て・発達支援の分野で優れた人材を育成し、地域社会に貢献してきています。
 しかし、現在、地域社会や家庭の急激な変化、価値観の多様化の中で、とりわけ保育・教育の分野では深刻な問題が生じており、これらの課題に適切に対処できる、優れた見識・知見と実践力を備えた指導的な役割を担える人材の育成が急務となっています。
 本大学院では、このような課題意識の下に、「人間発達学研究科人間発達学専攻」(修士課程)において、保育・子育て支援そして教育の分野の教育研究を通じて、地域社会に貢献できる高度な専門的職業人の育成を目指しています。
 本大学院は、専門分野の高度な教育研究を通して、社会の発展に寄与することのできる高度な専門的職業人の育成を目的としています。従って、自らの能力を一層高め、それをもって地域社会に貢献しようとする熱意あふれる学部卒業生は勿論ですが、小学校や幼稚園更には保育所等の福祉施設に勤務の社会人の方々の入学を特に期待しています。


研究科長 妻藤 真彦
本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

教育研究の概要と特色

修士課程 

 人間発達学専攻では、第一に幼児・児童の健全な発達を求める社会の要請が急速に高まっていることを踏まえ、「幼児・児童の心理・発達のメカニズム」の解明・把握と、「発達の支援方法」のあり方に関わる教育研究分野として「発達支援」分野を設定し、第二には、学校社会における望ましい人間関係、学力保証の社会的要請を踏まえ、「生徒指導・生徒支援」及び「教育方法、教育課程開発」に関わる教育研究分野として「学校・教育課程開発」分野を設定しています。

「発達支援」分野

幼児・児童の発達とその支援に関わる諸課題を実証的・科学的に追求するための心理学研究法(リサーチ能力の育成)を基礎として、幼児・児童の発達過程について広い視野に立って専門的な知見を得るための発達心理学特論、発達行動学特論、神経心理学特論、認知心理学特論を開講、その上に立って家庭・地域社会・学校そして施設などで実際に起こる幼児・児童の発達上の諸課題の解決に実践的に取り組むための発達支援特論、身体運動発達演習を開講するという体系性を持たせています。


「学校・教育課程開発」分野

社会・家庭の大きな変化の中で求められる新たな教育の理念や目的を論じる教育思想特論、学習の成立過程や評価方法、生徒間及び生徒と教師の間の人間関係、そこに生じる諸問題について広い視野に立った清深な知見を得るための学習心理学特論、学校社会心理学特論、教育臨床研究を開講、これら理論的知見の基礎の上に、生徒指導・生徒支援の実践力を養う特別支援教育特論と生徒指導・生活指導特論、更には教育内容及び指導技術に関する専門的知見の習得のための児童文学特論、造形表現特論、音楽教育学特論、これらに加えて、教授法・教育課程開発能力の育成を目的とした教育方法学特論、教育工学特論、教育課程開発特論を開講し、更に教科教育学特論I・IIによって、各教科の教授法の研究を深めることを目指しています。また、保育・教育の分野では優れた見識・知見に加え、実践力が求められることから、教育機関等と連携し、インターンシップを積極的に推奨していくことにしています。


本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

修士課程修了後の進路

 「発達支援」分野の修了者については、保育所等福祉施設の保育指導員、児童相談所の相談指導員、家庭児童相談指導員、児童自立相談指導員などの進路が考えられます。また、他大学大学院博士後期課程へ進学することも、修士課程修了後の進路の一つになります。
 「学校・教育課程開発」分野の修了者については、小学校や幼稚園への専修免許を有する教員としての就職が考えられます。また、他大学大学院博士後期課程へ進学することも、修士課程修了後の進路の一つになります。

本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

修士課程修了時の取得資格について

幼稚園教諭専修免許の取得について
 「発達支援」分野、「学校・教育課程開発」分野共に、幼稚園教諭一種免許取得の人、または取得資格を有する人は、幼稚園教諭専修免許の教職関係の科目として指定した科目から 24 単位以上を修得すれば、幼稚園教諭専修免許が取得できます。

小学校教諭専修免許の取得について
 「発達支援」分野、「学校・教育課程開発」分野共に、小学校教諭一種免許取得の人、または取得資格を有する人は、小学校教諭専修免許の教職関係の科目として指定した科目から24単位以上を修得すれば、小学校教諭専修免許が取得できます。

○幼稚園及び小学校教諭専修免許の同時取得も可能です。
イメージ画像


本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

人間発達学専攻の授業科目と担当教員

●【発達支援分野】専門科目
心理学研究法
発達心理学特論
発達行動学特論
神経心理学特論
認知心理学特論
発達支援特論
臨床心理学特論
身体運動発達演習
児童福祉特論

●【学校・教育課程開発分野】専門科目
教育思想特論
学習心理学特論
教育臨床研究
学校社会心理学特論
特別支援教育特論
生徒指導・生活指導特論
教育課程開発特論
教育方法学特論
教科教育学特論I
教科教育学特論II
教育工学特論
児童文学特論
音楽教育学特論
造形表現特論

●【人間発達学専攻 修士課程 両分野】共通科目
インターンシップI
インターンシップII
特別研究
本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

シラバス

シラバスはこちらのページに掲載しています。

研究科委員会構成教員の紹介一研究テーマ及び最近の業績−

●妻藤 真彦(さいとう まさひこ)(人間発達学研究科専任教授)
 しばらくの間、「確信を持つこと」を研究テーマにしている。その題材として記憶・学習・社会的態度について、確信度の理論的・実験的検討を行ってきた。最近は並行して質問紙への回答について、その認知過程の研究も始めた。その他に、同異判断過程、意識に関する理論の検討、知覚的構えとプライミングなどの研究もある。
<主な論文>
「確信」 について:Fluctuations of answer and confidence rating in a generalknowledgeproblem task: Is confidence rating a result of direct memory-relevan output monitoring? など
「同異判断」について:Same-different reaction times studied with a flash maskingtechnique.など
「意識の理論」について:認知理論における「自己像」の機能的役割.など
「知覚的構え」について:知覚的セット及び選択的情報処理.など
「質問紙回答の認知過程」について:他者の行動に関する意図性の判断と確信度:評定の認知過程.など
<主な著書>
確信度評定のメカニズムと理論的問題.など


●森本 太郎(もりもと たろう)(人間発達学研究科専任教授)
 専門研究領域は、彫刻である。現在の研究課題は、素材として「木」を用いる中で、現代における彫刻の量塊と空間との調和を図っていくことである。
 彫刻は絵画とは違い、高さ、幅、奥行きがある 3次元の芸術である。彫刻を一つの量(かたまり)と考えた場合、量の外は常に空間である。彫刻の制作に際しては、常に空間と量塊(量の持つヴォリューム)とのバランスや調和を図っていくことが求められる。
<最近の主な受賞>
2011年 山陽新聞社大賞、2007・2006・2005・2004年 県展賞、2003年 奨励賞、
2002年 岡山県教育長賞、2001年 岡山県知事賞、以上岡山県展。
2010年 第25 回国民文化祭・美術展彫刻部門 岡山県教育委員会教育長賞

●渡邉 淳一(わたなべ じゅんいち)(人間発達学研究科専任教授)
 専門分野は教育実践学。学校現場の役に立つ実践者かつ研究者であり続けることを自己課題としている。公立中学校教員、教育センター指導主事、教職大学院准教授、スクールカウンセラーなどのキャリアを活用し、生徒指導、教育相談、学校カウンセリングにかかわる諸課題について実践的な研究を行っている。特に、学校におけるアンガー・マネージメントに強い関心を持ち、児童生徒の‘キレる’現象の理解と対応について、教員を対象とした研修会を重ねてきている。最近では、若手教員の生徒指導力の高度化について、その方法の実践開発に課題意識を持って取り組んでいる。
く主な論文・教材>
・「児童生徒の攻撃行動に対して教師が身に付けておくべき心理学的理解」岡山大学大学院教育学研究科・心理教育相談室 心理・教育臨床の実践研究 9、39-49(2010)
・「児童生徒の暴力行為への理解力を高める教師教育 教員養成段階並びに現職教員研修における教育・研修内容の開発」岡山大学教師教育開発センター紀要第2 号、50-59(2012)
・「教育相談」 山口健二・高瀬淳編著『教職論ハンドブック』ミネルヴァ書房、62-64(2011)

●安田 純(やすだ じゅん)(人間発達学研究科専任教授)
 専門分野は発達心理学、特に発達支援における心理学行動学的アプローチである。発達障害児に対する効果的な支援の方策をTEACCHプログラムやソーシャルスキルトレーニングに基づき検討している。あわせて、LD等、発達障害の出現率が高いとされる超低出生体重児を対象として、彼らが学齢期に達した時期に心理検査、行動観察を実施し、彼らの心理的、行動的発達を明らかにしている。
また、保育園等において定型発達児の行動の発達、社会的関係の発達を行動観察によって検討している。
<主な論文>
発達障害児関連:「発達障害児の逸脱行動」、「発達障害児の注意喚起行動と反応」
超低出生体重児関連:「超低出生体重児の学齢期における気質の変化」
定型発達児関連:「保育園児に対する保育士の介入行動」、「他児のいざこざへの保育園児の介入行動」

●多田 昌美(ただ まさみ)(人間発達学研究科専任教授)
 専門分野は英語圏の児童文学。主に動物ファンタジーの歴史を研究している。博士論文では18世紀英国児童文学の主要作品であるMrs. Trimmer 作 Fabulous Histories を取り上げ、当該作品中に見られる動物の擬人化の先駆性を論じた。その後19 世紀前半、19 世紀中盤と研究を進め、20 世紀初頭の動物ファンタジーにつながる流れの解明に向けて、作品中の動物の子どもとしての擬人化等に関する検討と考察を続けている。また、19 世紀に多数の児童書を出版したReligious Tract Society の出版物に関するプロジェクト研究にも参加している。
<主な論文>
「Fabulous Histories論−動物ファンタジーの先駆的作品として―」(2003年 梅花女子大学大学院博士学位請求論文)、「18 世紀末及び19 世紀初頭の英国児童文学作品に見る動物ファンタジーの先駆的要素 ― 子どもとしての擬人化及び動物のコミュニティ」(2007年 『児童文学研究を拓く― 三宅興子先生退職記念論文集』(翰林書房)所収)、「19世紀半ばの英国児童文学に見る動物の擬人化の諸相とその効果―Alfred Elwes の三部作を一例に―」(2013年 Tinker Bell(日本イギリス児童文学会紀要)No.58所収)
<主な著書(いずれも共著)>
『児童文学 12の扉をひらく』(1999 年 翰林書房)
『イギリス・アメリカ児童文学ガイド』(2003 年 荒地出版社)


●蜂谷 俊隆(はちや としたか)(人間発達学研究科准教授)
 社会福祉分野を研究対象として、社会調査と歴史研究の方法でアプローチしています。社会福祉は、思想や理論から援助技術・方法までの広い範囲が含まれ、福祉現場では現実の課題に即時的に対応することが求められます。また、冷静で合理的な判断だけでなく、正義感や不公正に対する義憤といった主体的な動機も大切で、それは福祉実践にとって重要なエネルギーとなります。しかしながら、そのようなエネルギーは、謙虚さを失った誇示や、他者に対する否定的な態度をもたらすことがあります。それゆえ、福祉の実践者は、現実に対する客観的な科学としての合理的認識方法に加えて、ニーズを敏感に感じ取るセンス(感性)や着実に実践を前進させる態度など、自省的に問うていかなければなりません。私は、現在の福祉課題や地域課題の解決に向けた方策を検討するとともに、先輩の実践者の事績や思想・エートスに学びながら、社会福祉実践の基盤としての教養(art)の意味についても共に考えていきたいと思います。
<主な著書>
・『福祉にとっての歴史 歴史にとっての福祉―人物で見る福祉の思想』(ミネルヴァ書房,2017)*共編著
・『糸賀一雄の研究―人と思想をめぐって―』(関西学院大学出版会,2015)*単著
・『子どもの人権問題資料集成』全10巻(不二出版,2010)*共編著
・『人物でよむ近代日本社会福祉のあゆみ』(ミネルヴァ書房,2006)*共著

●岡村 健太(おかむら けんた)(人間発達学研究科専任講師)
 専門分野は教育哲学。20 世紀前半を中心にアメリカで活躍した哲学者・社会心理学者であるG.H.ミードの社会的自我論を教育学に援用する研究を行っている。ミードは教育学者ではないが、その自我論は他者との関わりやコミュニケーションを重視しており、教育活動との関わりが深い。またミードの理論は教育哲学者であるJ.デューイとの親和性が論じられており、デューイの教育哲学を相互補完する形でのミード研究も行っている。具体的にミードの自我論を教育に活かす研究としては、問題解決学習・学級経営・道徳教育等を中心に、子どもへの支援のあり方について考察している。
<主要論文>
・「G.H.ミードの社会的自我論に関する一考察−ミードの時間論に基づく「I」概念の再解釈を通じて− 」『日本デューイ学会紀要』第52号、2011年、183-192頁
・「G.H.ミードの態度取得における教育的意義−ミードとデューイの言語概念を通じて- 」『日本デューイ学会紀要』第53 号、2012年、123-132頁
・「子どもが自律的に学ぶ環境とは」『学習研究』第464 号、奈良女子大学附属小学校内学習研究会、2013年、22-27頁
・「ターニングポイン卜とは何か」『児童教育』24、お茶の水女子大学附属小学校、2014年、13-16頁

●津々 清美(つつ きよみ)(人間発達学研究科専任講師)
 専門分野は発達心理学である。乳児期から児童期の発達について、平等性や公正性、互恵性などの道徳性や社会性に関する研究分野に関心がある。研究テーマは、“幼児の報酬分配における公正判断について”である。幼児の公正判断やこの判断処理過程などについて、実験法を用いて理論的検討を行っている。
<主な論文>
総報酬量の違いが5 歳児の報酬分配行動に及ぼす影響.心理学研究,81,201-209.(2010)
5歳児の報酬分配における配分方略と総報酬量及び分配パターンの関係.心理学研究,84,278-280.(2013)
5歳児の報酬分配における総報酬量と泣き顔の効果.心理学研究,84,354-364.(2013)

本文の先頭へ戻る 大学院概要へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る